シミに効く!シミを取り除きながら肌に透明感を出してトーンを上げるには

このシミを薄くする為には一番大事な部分になります。

 

シミを消す(取り除く)という一番の目的はこのクリームの効果にあります。

 

シミを消すクリームというのはたくさんありますが、効果が無いと感じるクリームが多いのは、シミがある肌の奥の層まで届いていないからです。

 

ほとんどの美白(シミを消す)成分は肌表面の角層にある皮脂で跳ね返されているものが多いです。

そもそもシミになる原因って

本来シミの原因となっている黒ずみは、健康な肌であればターンオーバーで肌の表面から汚れとして排出されるべきなのですが、肌の老化によって正常に排出されず残ってしまう状態です。

 

表皮の奥にある基底膜というところにメラニンが染み付いてしまうと、どんなシミ取りクリームを使っても取り除くのは時間がかなりかかってしまいます。

 

シミが出来てしまったら少しでも早いシミ対策が大事です。

効果的なシミ取りクリームを選ぶポイント

シミの層である表層までしっかりと美白成分を届けることが一番効果を早く感じるポイントです。中でもハイドロキノンがシミを消すのに効果的と言われています。

 

刺激の強い成分なのであまり強いと効果は高い分、痛かったり赤みや肌荒れのリスクもありますが、そもそも肌表面の角質で多くの成分が浸透していません。

 

そこで各化粧品メーカーの技術が発揮されるという事になります。

 

シミの層まで美白成分を届けるためには

一番注目されているのがビーグレンの肌の奥まで成分を浸透させるQuSome(キューソーム)という技術です。これは医療業界では麻酔などに使われているのですが、美容にキューソームを使っているのはビーグレンだけです。

 

これならば刺激の強いハイドロキノンでも少ない量を肌の奥に届けることが出来るということです。ハイドロキノンの濃度が低くて済んでいるので比較的刺激が少ないと言われています。

ハイドロキノンに対する誤解もあります

ハイドロキノンは以前医師の処方箋がなければ使えない、という時期があったため危険であるという認識をされる方もおられますが、薬事法によって2001年に改正されてからは化粧品に使うこともできています。

 

ですがちゃんと信頼できる実績の高い商品だけを使うのをおすすめします。

もう一つのシミ取り技術とは

アンプルールも美白化粧品としてはとても有名です。

 

こちらはメラニンの基であるチロチンというものを抑制してハイドロキノン自体を良質なものに改良しているというイメージです。

 

全体的なトーンが上がった(肌が明るくなった)と感じる人も多いです。

 

他の美白化粧品も評判の良いシミ消しクリームがありますので、すぐにシミを消したいのか、全体的にゆっくりでいいので明るくしたいのか、など自分にあったクリームを選んでみられてはどうでしょうか。

 

最後にもう一つ大事な工程がありますのでそちらもご参考ください。

 

最後の手順はこちらからシミを消す保湿クリームの選び方