シミを消す毎日のお手入れの仕上げには保湿クリームによるキープ力が大事です。

シミを消すハイドロキノンや老化しない肌細胞づくりのクリームなどで日々スキンケアを続けていたとしても、肌の乾燥が続いてしまうとすぐに老化に向かってしまいます。

 

乾燥は皮脂などを酸化させたりもしますので、潤いをキープさせることはとても重要。

 

肌質をよくさせるためには肌の弾力をしっかりと支えて、ハリのある肌を保つための潤いを持続させることを大事にしてみてください。

 

良い保湿クリームの必須条件とは

そのために保湿クリームは良質なものを選ぶことが大事です。またメイクなどのノリもありますし、あまりベタベタしすぎるのもよくありません。

  • 少ない量で伸びが良く
  • 乾燥しづらいもの

でなければ良いクリームとは言えません。

 

逆に保湿のクリームさえしっかりなじませておけば、肌の潤いで新陳代謝が良くなり、メラニンを吐きだすターンオーバーも行われます。

 

オーガニックのものでもいいですが、肌にやさしい分効果の持続性では物足りないと感じることがあれば、刺激が強すぎずビタミンなどの栄養を与えられるクリームを使ってみるのもいいかと思います。

高級なものほど良いというわけでもないですが、伸びがいいものは少ない量で使えますので、ある程度値段が高くても長く使えることが多いです。

 

シミを消す美容成分を浸透させるために保湿クリームは大事

シミを消す為の化粧品の美容成分は時間をかけて肌の奥まで浸透していきます。

 

特にシミを消すためのハイドロキノンやビタミンC誘導体・トレチノイン・トラネキサム酸などを含んだ化粧水や美容液を使っても、真皮層のメラニンに届かなければ効果は低くなります。

 

最大限の効果を期待するには真皮層まで届く浸透性が大事です。

 

その為に保湿クリームで美容成分が逃げないようにバリアを張ります。

 

シミを消す成分を保護する保湿クリームの効果を感じてみる

どんなに保湿クリームの有無が大事かというのは、顔の左右で左だけつける、右だけつけない、と言う風に自分で比較してみると良いと思います。

 

保湿クリーム,使い分け

 

伸びが良くて少量だけの場合とちょっと多めの量と比較してみるのも良いと思います。

 

中には美白成分入りの保湿クリームもありますので、出来れば成分のバランスが良い化粧水や美容液と同じメーカーの保湿クリームを使うようにしてみてください。

 

私も保湿クリームの水分含有量や美容成分のバランスが良いと実感しているので、ほとんど同じメーカー・ブランドの組み合わせは変えずに使っています。

 

季節やその時期の肌の状態によって、化粧品を変える場合はメーカーごと変えるイメージです。

 

スキンケアをしっかりした後はお出かけ前の化粧下地であるファンデーションも選んでみてください。

 

次のステップはシミを消すファンデーションの選び方