シミを消すルシノールの美白力とは?ポーラのホワイトショットは最強美白化粧品?

紫外線が強い季節が近づくと雑誌やCMなどで美白化粧品やシミを消すための対策、紫外線から肌を守る方法などを良く見かけます。

 

今年の美白法はどんな方法がおすすめ?など毎年の様に春になると気になって、この時期は本屋さんで立ち読みが多くなることも。

 

ルシノール,美白,ホワイトショット,シミ

 

2018年は2月に新しく発売になったポーラ化粧品のホワイトショットシリーズが気になっています。

 

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトショット自体の歴史は永く1998年に誕生したそうです。それから開発と研究が続けられ、進化して2018年には業界初となる肌の機能に着目した新しいホワイトショットが誕生したと言われています。

 

そんなホワイトショットに配合されているのが、「ルシノール」という美白成分だそうです。アルブチンやハイドロキノン、ビタミンCなどの美白成分はこれまでに試したことがありますが、ルシノールはまだ試したことがない為シミへどんな働きかけがあるのか気になり調べてみました。

 

美白成分ルシノールとは?

ポーラ化粧品が長年の研究から独自に開発した美白成分が「ルシノール」だそうです。

 

シミが消えるなら試してみたいくなりルシノールが安全な成分なのか調べてみると、世の中に存在する数多くの植物エキスを研究したポーラが、シベリアのモミの木の成分に美白効果があることを発見し、それがルシノールの元になっているそうです。

 

ルシノール,美白,ホワイトショット,シミ

 

ルシノールはモミの木の成分そのものではなく、成分の化学構造を変える事でより美白効果が高まることから開発されたポーラ独自の美白成分だそうです。

 

ルシノールの美白力と他の美白成分の違い

ポーラが開発したルシノールはシミの消しゴムと言われるハイドロキノンやアルブチンといった美白成分とどんな点に違いがあるのでしょうか。

 

ルシノールは紫外線を浴びた時に、肌の奥のメラノサイトで作られるメラニンの生成をブロックする働きがあるそうです。

 

もう少し詳しく見てみると、

紫外線を浴びるとメラノサイトでチロシンとチロシナーゼというアミノ酸の一種が合体して、メラニンが生成されるそのメカニズムをルシノールがブロックするためシミの原因が作られないという事になるそうです。

 

メラニンの生成をブロックすることから「メラニンロック」と呼ばれ、ポーラの研究で高い美白効果が確認されているそうです。

 

医薬部外品としても認められている成分だそうです。

 

ルシノールと他の美白成分の違い

例えばハイドロキノンはメラニンの生成をブロックする働きではなく、メラニンの還元作用に優れている特徴がある美白成分として知られています。

 

ハイドロキノン配合化粧品は私が今までに使ってきた美白化粧品の中で、一番シミ消しに効くと思えた美白化粧品です。肌のトーンが明るくなる働きは他の美白成分よりも優れていると感じました。

 

ルシノールはメラニンの生成をブロックして、肌が本来持つ力を引き出す働きがあり、世界で一つと言われる美白メカニズムに着目しているそうです。

 

もっと詳しく → シミのもとメラニンを狙い撃ち【ホワイトショット】