ディセンシア サエルのシミへの効果とは?どんな化粧品なのか実際に検証してみました

40歳を前に一気に増えたシミを消すために、実際に使っている方の評価が高い美白化粧品を幾つか試してみました。

 

ディセンシア サエルはそのうちのひとつ。

 

サエルは敏感肌・乾燥肌に使える低刺激の美白化粧品です。

 

私は40歳を前に急に乾燥肌になりシミが増え始め、肌の痒みやごわつきにも悩むようになりました。

 

乾燥肌や年齢肌のシミを解消する美白化粧品を探していた時に見つけたのがディセンシア サエルでした。

 

雑誌で見かけたこともあり、ポーラとオルビスと言う有名な化粧品ブランドというのも魅力的で、敏感肌や乾燥肌のシミが消えそうな期待感もありました。

 

40歳を前に肌が敏感になりシミへの効果が気になったので、サエルをシリーズで実際に使ってみました。

 

サエル,美白,シミ,敏感肌

 

すぐに化粧品を見てみたい方はこちら
から見れます

 

 

ディセンシア サエルはどんな美白化粧品なの?

 

ディセンシアはポーラとオルビスグループが共同開発した化粧品ブランドで、肌が敏感に反応してしまう乾燥肌や敏感肌向けのブランドです。

 

サエルはそのブランドの美白のお手入れ専用のラインです。老化によって肌機能が低下した大人の潤い不足の肌を整え、その後美白ケアする美白化粧品

 

肌が弱っている状態でも美白が出来るってとても魅力的ですよね。敏感肌はバリア機能や新陳代謝などの肌機能が弱いので、シミも出来やすいと言われています。そんな敏感肌や乾燥肌にも本当に美白効果があるのか自分の肌で検証してみました。

 

サエル,化粧水,シミ,年齢肌

 

私はもともと混合肌で20代まではTゾーンのテカリが悩みの種でした。朝メイクをして職場に着く前にはすでにテカっている状態で、1日に脂取り紙を何度使ったか数えきれないほど。

 

それが30代半ばを過ぎてからは脂よりも乾燥やシミ・シワなどが気になり始め、基礎化粧品を保湿効果が高いタイプに変えていきました。

 

でもシミは減るどころか増える一方で。そこでシミを消すために美白化粧品を使ってみる事にしたんです。

 

サエルは美白化粧品でありながら保湿力に優れているので、敏感肌の方はもちろんエイジングによる乾燥や敏感肌のお手入れも向いているシリーズとして知られています。

 

 

サエルの特徴

 

敏感肌や乾燥肌に悩み、肌がくすみがちでシミが出来やすい肌に透明感を出すために、ポーラとオルビスグループが研究を続け開発した美白化粧品。

 

「敏感肌ケア×美白ケア」が特許技術の採用によって叶うシリーズとして人気があります。

 

エイジングが気になる年齢の方の悩みに多いシミやくすみによって、肌の透明感が無くなり老けて見える悩みを、徹底保湿によって肌機能を高めながら透明感を甦らせるのが特徴です。

 

そのため敏感肌や乾燥肌の方からの支持が高く、一度使うとリピートされる方が多いと言われています。

 

サエルは多くの掲載メディアで紹介されています

 

美白化粧品のサエルは紫外線が強くなる前後の時期を中心に、数多くのメディアで紹介されています。20代〜40代向けの女性誌が特に多い傾向です。

 

 

  • MORE
  • 美st :外部刺激をブロックしてみずみずしいクリームで透明感のある肌へ
  • LEE
  • MAQUIA
  • リンネル :美白ケアは3点ケアで透明肌を育てる
  • STORY
  • otonaMUSE :メラニンが作られやすい敏感肌のシミとくすみのケア
  • VERY
  • Voce
  • MAQIA

 

 

美容家やライターの方が実際に愛用されていたり、ゆるぎがちな肌を根本から整える化粧品として通販限定化粧品ですがメディアを通して認知度も高くなっています。

 

サエルはこんな悩みを持っている方がターゲットに開発されました

 

  • 30〜40代の大人の敏感肌に悩む方
  • シミやくすみ、そばかすが気になっている方
  • 今まで使った美白ケアが効かない
  • 肌の乾燥に悩む方
  • 疲れが溜まると肌荒れが起こる

 

大人の敏感肌は原因も症状も少し複雑です。そんな肌質に起こるシミが出来るメカニズムを研究し、シミを消すための特許技術の開発で透明感のある肌を引き出す美白化粧品として敏感肌の方に人気です。

 

ではサエルシリーズを実際に使ってみて特徴などを詳しく見てみたいと思います。

 

サエル ホワイトニングローション クリアリスト(化粧水)とは

 

サエル ホワイトニングローション クリアリストは医薬部外品の敏感肌用化粧水です。

 

浸透性があるのが特徴で、肌の表面の水分と油分と馴染んで浸透性保湿成分「ウォータリーモイスチャー」が染み込んで肌を潤します

 

またハトムギの種子から抽出した角層保湿成分「白様雪」は、角質層のセラミドの生成を促し潤いを守る働きがあります。

 

サエル,化粧水,美白,シミ,敏感肌

 

他のローション(化粧水)との違い

 

他の化粧水との違いは肌への浸透力が凄いところ。パッケージには肌に馴染む、浸透すると書かれていても実は浸透力がいまいち物足りない化粧水って結構多いんです。

 

私も様々な化粧水を試してきましたが、化粧水を付けた瞬間は潤ってもすぐに表面が乾いて重ね付けしたくなる化粧水も多かったです。

 

サエルの化粧水を使用して感じたのは、肌にすーっと浸み込んでいく感覚です。浸けた瞬間に凄い浸透力だと感じました。

 

ピタッと浸み込んでくれるので何度もハンドプレスしなくてもいいところが気に入っています。

 

そして抗炎症成分(コウキエキス)が肌の微弱炎症を抑制して、敏感肌のゆらぎを穏やかにしてくれます。

 

サエル ホワイトニングローション クリアリストの香りとは?

 

肌に直接つけるものだけら香りは案外大事なポイントですよね。私はいくら良い化粧水でも、香りが苦手だったらリピートは出来ない確率が高かったので。

 

サエルは敏感肌用の化粧水だけあり、香料は使わず天然の植物成分ローズとローズマリーの心地よい香りに包まれます

 

ローズ感が強くないので、ローズが苦手な私でも心地よく使えました。ローズはエイジングに良い成分として多くの化粧品に使われていますが、残念なことに私はローズ感が強すぎると安らがず香りばかりが気になってしまいます。

 

香りにも敏感な私ですが、サエルの香りは強すぎず弱すぎずリラックス効果も感じる心地よい香りでした。

 

サエル ホワイトニングローション クリアリストのテクスチャーについて

 

浸透性がある化粧水に多いのは「とろみ」ですが、サエルの化粧水にはそれほど「とろみ」がなく、使用感はさっぱりとしています。

 

浸透性が高いためとろみが無くても肌にしっかりとどまってくれるので扱いやすいテクスチャー。

 

サエル,トライアル,お試し,美白,シミ,敏感肌

 

使い方は100円玉大を2回に分けて手に取り、手のひらで温めてから顔全体に馴染ませていきます。手の平の温かさで化粧水の肌馴染みが更に良くなり、ハンドプレスを1回しただけで肌はしっとり。

 

個人的にかゆみや乾燥で悩んでいた時に、もっと早く出会いたかった化粧水です。

 

サエル ホワイトニングローション クリアリストの本製品が欲しくなる

 

実際にサエル ホワイトニングローション クリアリストを使ってみると、乾燥して荒れがちな肌にも馴染む浸透力とテクスチャーの良さが直ぐに気に入りました。

 

最初はトライアルセットを使っていましたが、あれだけ乾燥していた肌がしっとりとしてきたためトライアルを使い終わってすぐに本製品を買う事に。

 

本製品は125ml入りでおよそ1.5か月分。肌への浸透性なども含めると、他の化粧水と比べてもコスパは高くないです。

 

サエル,化粧水,シミ,美白

 

またブルーのボトルは美白のイメージと清らかなイメージがとても素敵です。持ちやすいデザインで化粧水を手の平にとる際も出すぎてしまう事がなく、使いやすさも考えられているなあと思いました。

 

毎日使う化粧品は、肌に合うかどうかが一番重要ですけどテクスチャーや香り、ボトルのデザインなども好みでないと長く使う事って難しいと思うからです。

 

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト(美容液)とは?

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストは、医薬部外品の敏感肌用美容液です。

敏感肌特有のシミとくすみに着目して開発された美容液。

 

  • 敏感肌は肌のバリア機能が弱い
  • 炎症や乾燥が起こりやすいため、メラニンが過剰に分泌される
  • シミ、くすみが定着してしまう

 

まさに私の肌が上記の様な状態で、エイジングによる肌の乾燥はバリア機能の低下を引き起こすため敏感肌と似た症状になりやすいのです。

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストは美白成分にアルブチンを配合し、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制する美容液。

 

いきなり全てサエルに変えるのはちょっと・・・と悩んでしまったら、こんな使い方も。

 

私が実際に試した方法の中で、化粧水とクリームはお手持ちの化粧品を使い美容液だけサエルを使う方法もおすすめです。

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストの有効成分は肌に優しい

 

敏感肌用美容液なので使用されている成分は、肌に優しいものばかり。

 

サエル,化粧水,シミ,美白

 

  • アルブチン :メラニンの生成を抑制
  • グリチルリチン酸2K :肌内部の炎症を抑制
  • セラミドナノスフィア :細胞間脂質を満たすヒト型セラミドカプセル
  • デイリリー鼻醗酵液 :メラニンの黒化を抑制
  • 西洋ノコギリソウエキス :メラニンの受け渡しを抑制 
  • コウキエキス :炎症の原因となる成分を抑制
  • 白雪様 :セラミド産生
  • ムラサキシキブエキス :活性酸素を抑制

 

またアルコールや着色料、紫外線吸収剤は不使用です。私の場合ですが、実際に使ってみて化粧水をつけた時に肌への刺激は全く感じなかったです。

 

乾燥している角質を潤して炎症を沈め、メラニンを抑制する美容液の働きが、くすみの解消に繋がっていきます。

 

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストと他社の美容液との違い

 

サエルの美容液と他社の美容液の違いは、配合されている成分によるところが大きいです。

 

美容液の役割は、化粧水や乳液、クリームでは補いきれない美容成分をしっかり肌に届けること。そのためどのメーカーの美容液も成分にこだわりのあるものが多いです。

 

サエルは敏感肌の事を専門に研究して開発された美白化粧品なので、美白成分にもこだわりが。

 

シミの消しゴムと言われるハイドロキノンは近年注目されるようになった美白成分ですが、敏感肌用のサエルにはハイドロキノンよりも低刺激のアルブチンが使われています。

 

ハイドロキノンが使われている美白化粧品にも敏感肌の方が使えるものもありますが、新しい美容成分を使う時はちょっと敏感になってしまいますよね。

 

そんな敏感肌の方には、サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストなら実績もある美容液なので試しやすいと思います。

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストの香りとテクスチャーの感じは?

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストは、ローションと同じ天然のローズマリーとローズの香りでとても癒されます

 

テクスチャーはさっぱりとしてとろみはないのですが、かと言って水の様にサラサラもしていないので手の平に伸ばしやすく、顔全体にも伸ばしやすい特徴があります。

 

またこの美容液は単品で使用しても肌への効果が解り易かったです。と言うのは、化粧水とクリームは他社の物で美容液だけサエルを使っていたことがあるからです。

 

ライン使いすると効果的というシリーズもありますが、私の場合はサエルの美容液単品でもしっかり肌が潤いましたよ。

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストの本製品が欲しくなる

 

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリストは美白ラインの美容液ですが、エイジングによるシミが増えてきたら年中使いたくなる美容液。

 

それはサエルが敏感肌や乾燥肌のバリア機能回復と、肌の土台を整えるという働きをしてくれるから

 

実際に私も化粧水とクリームは手持ちの化粧品で、美容液だけサエルだった時期があります。

 

なので普段お使いの化粧品に美容液をプラスする使い方は、肌の変化を感じやすく試しやすいのかなと思います。

 

化粧水と美容液やクリームを一気に揃えるのが難しい場合は、無くなったものからでもいいのですが美容液を先に取り入れてみると美容液の効果や肌の変化を感じやすいです。

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストとは?

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストは、医薬部外品の敏感肌用美白クリームです。

 

特許技術の採用で肌に美容成分を届けて閉じ込めるから次第に肌に潤いが増してくる、そんな保湿クリーム。

 

サエル,クリーム,美白,シミ,敏感肌

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストの特徴について

 

敏感肌用のクリームというとべた付く、脂っぽいなどテクスチャーが不安と言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

私もそのひとりでしたが実際に使ってみると、こっくりしているのにベタつきを感じませんでした。

 

やはりここでも浸透力の良さが影響しているのかもしれません。

 

ディセンシア独自の「ヴァイタサイクルヴェール」(バリア膜)という特許技術で、乾燥しがちな角層を潤してくれます

 

私は40歳を前にシミが増えてしまいましたが、シミが増える原因や改善法などを調べたり様々な化粧品を使ってみたところ、肌の乾燥がシミやくすみの原因の一つだと知り、保湿が出来る美白化粧品としてサエルを試しました。

 

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストの美容成分に注目!

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストに使用されている美容成分が、夜寝ている間に肌内部に働きかけて翌朝にはしっとり。

 

  • ビタミンC誘導体 ::美白成分
  • グリチルリチン酸2K :肌内部の炎症を沈める
  • ヴァイタサイクルヴェール(オリジナル成分) :外的刺激をブロックして保湿する
  • コウキエキス :抗炎症
  • ムラサキシキブ :抗酸化作用
  • エスクレシド :メラニンを作るチロシナーゼの働きを弱める
  • 白雪様 :セラミド産生
  • PMリジン :アミノ酸の一種で保湿成分

 

サエル独自の成分も幾つかあり、天然ローズとローズマリーの天然の香りに癒されます。サエルシリーズは全て同じ香りなので化粧水、美容液、クリームを使った後はしばらく香りの余韻が続くのも心地良かったです。

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストと他社の美白クリームの違い

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストと他の美白クリームとの大きな違いは、サエルはどんな肌質にも使えるという事です。

 

他のクリームの場合は、肌が敏感だと刺激になる成分が配合されている場合もあります。

 

サエルのクリームは美白成分の他、炎症を沈める成分や角層を潤す成分が配合されているのでエイジングよりの乾燥した肌にも安心して使えるところが人気の様です。

 

そしてテクスチャーや香りも含め敏感肌に優しいものが使われているところが他社のクリームとの違いで、浸透性の高さとべたつかない事も使いやすいクリームの特徴になっています。

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストの香りやテクスチャーは?

 

香りは化粧水や美容液と同じ天然の成分(ローズとローズマリー)が使われています。

 

ローズマリーには香りをかぐとすーっとする鎮静作用もあるので、肌や心身の不調が気になる時の鎮静作用も感じます。

 

最近では衣類用の柔軟剤の香りの種類が増えていますが、いい香りを身に着けていると心地よく気分が高揚しますよね。

 

化粧品の香りも同じでサエルはきつくないローズの香りと、ローズマリーの落ち着く香りでリラックス出来るところがいいところ。

 

クリームもベタベタしておらず、かといって水っぽいわけではないので伸びが良く扱いやすい点もメリットです。

 

サエル,クリーム,美白,シミ,敏感肌

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリストの本製品を買うなら

 

テクスチャーも香りも肌への付け心地も気に入ったら、肌のターンオーバーが働く1〜3ヶ月程度は続けて使ってみたいものです。

 

私はトライアルセットを使ってみて、美白クリームが気に入りもう少し使ってみたくなり本製品をリピートしました。10日分ほどのトライアルセットでしたが乾燥が激しかった肌に変化があったのでもう少し使ってみたくなりました。

 

サエルを使ってみたいけど・・・

 

という方もおられるかもしれないので私が実際に試したトライアルセットも紹介しておきます。
とーってもお得にサエルの化粧水・美容液・クリームが試せるうえ、返品もOKです。

 

これがトライアルセット

 

サエル,トライアル,お試し,美白,シミ,敏感肌

 

敏感肌や乾燥肌の場合は肌への刺激が気になるのでなかなか新しい化粧品を試す勇気が出なかったりするのですが、肌に合わなかったら返品OKというところが気軽に試すきっかけになりました。

 

化粧水・美容液・クリームを一度に試せるので、ライン使いの肌への効果も解りやすいです。

 

では実際にサエルを継続して使う場合のメリットも含めコスパはどうなのか調べてみました。

 

サエルのコスパはどうなの?実際に使ってみた感想など

 

化粧品を変えるときはいろいろと慎重になりますよね。

 

肌に合うかどうかが一番大事ではあるんですが、コスパ(費用対効果)もかなり気になります。

 

サエルのコスパについては実際に使っている方の口コミがとても参考になりました。(サエル公式サイトより)

 

●肌の透明感に感動!くすみが解消されました
昔から敏感肌で、肌のくすみが気になっており、サエルを購入しました。
サエルを使用してから、環境に左右されない安定した肌を保っています。
使い始めて1週間くらいして透明感を感るように!今ではしみ・くすみが
薄くなってきており、サエルを使用した成果が日々肌に出ていると実感しています。
これからも私のホワイトニングケアに力を貸して下さいね。
(42歳/敏感肌/A.I.様)

 

この他にも妊娠中のシミや年齢肌のくすみに悩む方の口コミなどを公式サイトで見る事も出来ます。

 

詳しくはこちら

 

 

年齢が近い方のシミが薄くなるという口コミは参考になりますし、敏感肌傾向の自分の肌もサエルを使えばシミが消えるかもしれないという興味が出てきたため使ってみる事に。

 

エイジングによる肌の乾燥は、その時使っていた化粧品では改善しなかったので、潤いが保てることと、シミが薄くなることの2点は外せなかったポイントです。

 

サエルを実際に使ってみると使用感や香り、肌の変化なども含めて個人的にはコスパが良いと感じました。

 

サエルを使ってみてお得だと感じる点

 

敏感肌用の化粧品ならドラックストアで1,000円代で買えるシリーズもありますが、肌機能がアップして美白も出来るものを探すのは案外大変です。

 

配合されている成分や成分の浸透性などにこだわりのあるサエルは、使用感や香りなどもとても満足できる点が多い事が、コスパも良くお得だと感じる点です。

 

またサエルは通販限定化粧品なので、定期便にしておくとうっかり買い忘れる心配がなくなり忙しい方には特に便利かもしれません。

 

定期便という常時10%割引になる嬉しいサービスもあります。

 

サエルの場合は最近多い定期便の回数制限という縛りは今のところなかったので、化粧水・美容液・クリームが試せるお試しセットはお得です。

 

サエルはどの位継続して使える?

 

肌に合うからと言って、毎月の化粧品代を上回るお値段のものは継続的に使うのが少し難しいですよね。美容液はそれなりにお値段も良いのですが、化粧水やクリームは1〜2ヶ月弱もつことを考えれば、個人的にコスパが良いシリーズだと思います。

 

サエル,トライアル,お試し,美白,シミ,敏感肌

 

成分や肌への刺激や影響力を考えれば、敏感肌にも安心して使える化粧品です。肌環境はホルモンバランスや年齢などによって年々変化していきますから、半年〜1年以上は肌に合う限り継続して使ってみる価値があるシリーズです。

 

私の場合はエイジングが気になる年齢で肌のターンオーバー(新陳代謝)が40日前後は掛かると言われている年代です。口コミを参考に、まずはトライアルセットを使ってみました。

 

10日ほどのトライアルでしたが、肌への浸透性が今までにないなあと感じもう少し使ってみたくなりました。なので本製品を1本づつ使ってみることに。

 

その後も肌の調子が良く、乾燥もかなりF関電されたためかったので敏感肌更に継続して使っています。

 

3ヶ月位継続して使ってみると、ゴワゴワしていた肌が柔らかくなってメイクノリが良くなったのが嬉しい変化でした。

 

サエルは肌に合えばコスパが良く、継続しやすい化粧品だと思います。

 

 

サエルを購入するならここから

 

化粧品を購入する場合に気になるのは楽天やヤフーなどの通販ショッピングサイトですが、サエルも楽天やヤフーで購入出来るのか調べてみました。

 

どちらのサイトでも販売はされていましたが、お店によってお値段にばらつきがあったのが気になりました。

 

サエル,トライアル,お試し,美白,シミ,敏感肌

 

サエルのトライアルセットの詳細はこちら

 

化粧水・美容液・クリームの3点を10日間ほど試せるトライアルセットはどちらのサイトでも見かけず、始めてサエルを試す場合は公式サイトのトライアル専門ページからが一番お得な方法だと解りました。

 

トライアルを使うメリットは肌に合わなかった場合、返品が出来る点とお得に試せる点です。

 

トライアルだけで効果が解るの?という疑問も出てきますが、トライアルセットで肌に合う合わないが解るだけでも使ってみる価値はあると思います。