シミを消すファンデーションの選び方と使い方とは?

頬周辺など顔に出来てしまったシミや目立つ毛穴は、ベースメイク(化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、プレストパウダーなどを使用)で綺麗に隠してしまいましょう。

 

シミがある場合とない場合とでは見た目年齢に5歳くらいの差が出てしまい、実年齢よりも老けた印象になってしまうのです。

 

女性の場合はメイクでカバーできるのでシミを消すファンデーションを選んで、若返りを実感してくださいね。

 

シミを消すファンデーション
メイクに頼らずに毎日のお手入れの結果としてシミが消えてくれれば良いのですが、一度出来てしまったシミはお手入れをしていても数日後に消えるという事はなかなかありません。

 

シミを消す美白化粧品を毎日使用していても消えるまでには時間がかかります。

 

シミが消えるまでの期間について

お手入れによって肌のターンオーバー機能が働くようになり古い角質が剥がれ落ちて新しい肌細胞に生まれ変わるまでにおよそ28日かかるためシミが消えるまでの期間は、1ヶ月弱〜ということになります。

 

今すぐにでも消したいシミは、ベースメイクで消してしまいましょう。

 

ベースメイクに使用する化粧下地やコンシーラー、ファンデーションは、機能性に優れたものを選ぶとシミのお手入れにもなりますし化粧直しの手間も省けます。

 

ファンデーションにはシミやニキビ跡、毛穴をカバーしてくれるカバー力抜群のファンデーションが理想的ですが、いかにもという厚塗りは避けたいですね。

 

そこで、30代以上のエイジングケア世代に絶大な人気を得ているリキッドファンデは、スキンケア効果とメイク効果を兼ね備えているため化粧崩れの心配が殆どなく上質な肌を作るファンデとしてピッタリです。

 

カバー力抜群のファンデはコチラ

 

このファンデーションをおすすめする理由は、ファンデーションに美容液が含まれていること。

 

ただ乾燥を防ぐだけでなくファンデーションでカバーをしている間も、肌には美容成分が浸透していきます。

 

シミを消すために最も大事なターンオーバーを促すためにも、保湿と美容成分は大事ですからファンデーションを落としたときには肌がしっとり。

 

洗い流した後の肌の質感をいつものベースメイクと比較してみてください。

 

シミを消すファンデーションの使用感

私も愛用していますが伸ばしやすく薄付きで扱いやすく、付けている時の肌の状態が良いところがお気に入りです。

 

そして薄めのシミならひと塗りで隠せます。

 

濃いシミには、下地プラスファンデの重ね付けが有効で、指やスポンジでポンポンと重ねた後に仕上げ用パウダーを使えばほぼ目立たなくなります。

 

付け心地も軽く、汗ばむ季節でもテカリ知らずで簡単に化粧直しが出来るため手放せないファンデーションです。