シミを消したい時は馬油でお手入れするとシミが薄くなる?

シミを消したい時は馬油(バーユ)でお手入れをするとシミが薄くなるって本当なの?

 

馬油の特徴や馬油を使用したお手入れ方法についてまとめてみました。

 

多くの方が悩むニキビや肌の乾燥など肌荒れを解消する方法の一つとして化粧品以外のものを使用したお手入れ法が取り上げられることがあります。

 

例えば

  • 肌の保湿に期待が出来るためニベアの青缶を使ったお手入れ法
  • 毛穴のお手入れにオロナインが効く

など昔から万能クリームとして親しまれてきたものが美容のお手入れに効くと話題になっています。

 

そこで、私も家にあったオロナインを使用して毛穴のお手入れをしてみたことがあります。
毛穴パックの時に使用すると汚れが落ちやすくなるそうなのですが毛穴汚れがごっそり取れて綺麗になり目立たなくなったとは言えない結果でした。

 

もちろん本当にオロナインで毛穴が綺麗になった方もおられるのかもしれませんし、否定はしませんが私の体験談によるものです。

 

そのため馬油がシミ消しに効くというのも本当なのか少し調べてみました。

 

シミを消す馬油の特徴とは?

馬油(ソンバーユ)の発売元でもある薬師堂のホームページを見てみました。

 

馬油は字のごとく馬の油なのですが、薬師堂の馬油は馬の脂肪から摂れる油のみで作られており化学物質などは含まれていない安全性の高いものであることが解りました。

 

その昔、中国の医師が書き残した書物にも馬油の持つ働きとして肌荒れの解消が記されていたそうです。

 

日本では、火傷に効くと聞いたことが多いのではないでしょうか?

 

シミを消す,馬油

 

馬油には、高い保湿力があり化学物質を使用していないため乾燥肌やアトピーで悩む方にも安全に使えるメリットがあります。

 

私たちには、肌のバリア機能が働くことで肌細胞が新陳代謝を繰り返しながら綺麗な肌を作り出しています。

 

これにはバリア機能が上手く機能していることが必要です。

 

シミが出来てしまう年齢を重ねた肌は、このバリア機能の働きが弱くなっている可能性があります。

 

シミの原因は、紫外線の浴びすぎによる影響も大きいのですが加齢によってバリア機能が弱くなり新陳代謝が遅れシミが出来てしまうことです。

 

馬油を使う事でバリア機能が整いその結果としてシミが出来にくくなる事に期待はできそうですが、出来てしまったシミを消すためにはメラニンに働く成分が配合された美白化粧品を使用したお手入れでより早くシミ消しに期待できます。

 

シミを本気で消したい時の方法はコチラ