顔に出来たシミを消したくてお手入れを始めました

30代半ば以降の肌の変化には正直驚いています。

 

急にシミが増え始め、ほうれい線が目立つようになり潤いが日に日になくなって行く様子を毎日お手入れをするたびに感じていたんです。

 

「あれ?こんなところにシミが出来ていたかな?」

 

鏡を見るたびに変化はないかどうかチェックをする日々でした。

 

それまでは私の年齢を言い当てた人はいなかったんです。

 

年齢を知ると口をそろえて「若いね」と言われていたので若く見える自分に満足していました。

 

でも30代後半になると一気にシミが増えて、若く見られることはなくなりました。

 

シミを消す,美容法

 

頬に幾つものシミが出来たので焦りましたが、年齢を重ねた方の頬に出来ているシミと同じタイプのシミでした。

 

自分に合いそうな美白化粧品を調べたり聞いたりしながらコレなら安心して使える!という美白化粧品を幾つか見つけました。

 

実際に使用してみた中でも特に良かった美白化粧品はトップページで紹介しているので、ぜひ一度ご覧ください。

 

シミを消す美白化粧品のおすすめとは?

 

美白化粧品を使い始めた当初は、本当に効くの?シミが消えるの?と半信半疑でしたが、医療技術が採用された美白化粧品の肌への反応は満足感が高いのもあります。

 

これならシミが消えるかもしれない!という期待感をもちつつ、私が気を付けたのは美容に詳しい知人から聞いていた美容法でした。

 

美容に詳しい知人から聞いた美容法とは?

  • お手入れするときは力を入れ過ぎない、クリームなどは優しく肌へ伸ばす
  • UVケアでシミを予防し、美白化粧品でシミを消すケアを行う
  • 角質ケアで古い角質は肌への残さない
  • 抗酸化作用のある食べ物を食べる

 

当サイトでは出来てしまったシミに対する3つの方法を書いていますが、この美容法ではシミの予防も取り入れています。

 

伸びの悪い乳液やクリームなどを使用していると、伸ばすために肌への刺激が強くなり刺激が色素沈着となってしまう事もあるんです。

 

敏感な肌をこすりつけているのと同じですからね。

 

敏感肌,擦り付ける

 

シミを予防するUVケアとシミを消す美白化粧品の両方を使って、万全なシミ対策を行いましょう。

 

シミを予防する方法まとめ

今出来ているシミのケアをしながらこれから出来るシミを予防するお手入れについてまとめています。

 

実は美白化粧品には

  • シミを予防するタイプ
  • シミを薄くする働き + シミを予防するタイプ
  • があります。

 

美白化粧品を使用していればシミ予防が出来る可能性は高いのですが、よりUV効果の高い日焼け止めを使う事で更なるシミ予防に繋がります。

 

シミを予防するためには出来ているシミを薄くするケアと、シミを増やさない為の予防ケアを同時進行させます。

 

シミを予防する肌機能を高めるためのケアも見落とせません。

 

シミを予防するUVケア化粧品の効果的な使い方

紫外線防止力の高い日焼け止めには、紫外線吸収剤という肌の刺激になる成分が含まれている場合があります。

 

主にSPF50くらいのものでUVカット効果には優れてるのですが、その分肌には負担となる場合があります。

 

日常生活ではSPF15〜30程度のものでも十分です。

 

その分肌への負担は減りますので日常生活用と海やレジャーなどの日焼け止めを持っていると使いやすいです。

 

日焼け止め,SPF30

 

日焼け止めを塗った場合は、帰宅後は早めに日焼け止めを落として肌を休め、十分に保湿をすることで肌機能の回復に繋がります。

 

最近増えている日焼け止めの特徴は、美容液成分が配合されているものです。

 

UV機能も高く肌への負担が少ない美容液成分の多い日焼け止めを選べば、付けている間の肌への負担が減りスキンケア効果が得られます。

 

また紫外線ダメージは肌の真皮層のコラーゲンを破壊してしまうためシミだけでなくシワやたるみの原因にもなりますのでUVケアは万全に。

 

日焼け止めは美容液入りの日焼け止めを使い、自宅に帰ったらすぐに落とすのがポイント!

 

シミを消す角質ケアでシミ予防

紫外線を浴びてしまっても日常のお手入れ次第でシミ予防になります。

 

シミが出来る原因は肌機能の低下ですから、肌機能を高めてあげればメラニンがシミとして定着する前に対外に排出できます。

 

そのためには古い角質が溜まらないようにすること。

 

古い角質と一緒にシミの原因となるメラニンが排出される肌環境づくりをします。

 

肌環境づくりに欠かせないのは保湿です。

 

潤いが保たれているとバリア機能やターンオーバー機能が上手く働いて肌を健康に保ってくれるからです。

 

潤い,バリア機能

 

洗顔では洗浄しすぎに気を付けて化粧水や美容液、クリームなどで十分に潤いを与えます。

 

するとターンオーバーが行われシミの原因メラニンが排出されます。

 

シミを予防する抗酸化力の高い食べ物

シミを予防するためには食べ物のチョイスもポイントになります。

 

インスタント食品が多かったり、糖質の摂り過ぎは肌荒れの原因になります。

 

肌の代謝を助けるビタミン類や酸化させない抗酸化作用の高い食べ物を選ぶことで肌の調子が整います。

 

毎日でも食べれるおすすめ食材はバナナ。抗酸化力に優れています。

 

バナナ,抗酸化力

 

その他にはアボカド、ニンジン、トマト、大豆なども抗酸化作用がありますのでサラダやスープなどにして毎日摂りたい食品です。

 

またナッツ類もビタミンEが豊富で抗酸化力に優れているため常備しておけば小腹がすいた時の間食にも便利です。

 

抗酸化力の高い食材を積極的に摂って、活性酸素の除去を!