シミを消す洗顔石鹸がシミ与える影響

顔のシミが出来てしまったら、普段お手入れに使っている基礎化粧品や洗顔料などを見直して美白を意識したお手入れに変えているという方も多いのでは?

 

顔の汚れや古い角質や皮脂などを落とす洗顔は、シミの原因となるものを取り除いて肌をリセットする行為です。

 

直接的にメラニンに影響をあたえるような成分もありませんし、毛穴から肌に浸透するような効果もありません

 

ですがターンオーバー(新陳代謝)に大事な保湿力の高い洗顔料というものであれば、シミを消す効果への手助けをしていると言えるはず。

 

私もシミが増えることに悩んでいた一人ですが、洗顔や化粧品でのお手入れ法によってシミは薄くなると実感しています。

 

洗顔でシミが薄く

 

最初は顔に1つしか出来ていなかったシミが頬に幾つか出来始めて、シミを消すために美白化粧品を使い始めました。

 

シミが出来る年齢になったと実感するとともに、この先の肌のお手入れをどう変えていけばシミが消えるのか?など調べたり、美容外科に勤務している方に聞きながらお手入れを変えていきました。

 

シミが出来るという事は、肌の老化が始まっているサインです。今までと同じお手入れではシミは増える一方です。

 

洗顔がシミの原因になっていることも

シミを消す美容液やクリームなどは美白シリーズを使用しているという方でも、クレンジングや洗顔石鹸は今までと同じ物を使っているという方も多いのではないでしょうか?

 

シミ,洗顔石鹸

 

肌のお手入れの基本は、不要なものを落として潤いのある肌を健康的に保つことです。そのためには肌の状態に合わせた洗顔と、潤いを守る保湿が大切です。

 

シミの原因をつくる洗顔

洗顔の際に汚れがきちんと落ちていなかったり、洗いすぎによって肌が乾燥を起こしてしまうことがあります。

 

すると乾燥からターンオーバーが遅れ、表皮が厚くなる角質肥厚になってしまうことも。

 

これは汚れを落とすためにゴシゴシと擦る行為をしている場合も同じです。

 

擦ることで刺激が肌の奥に伝わりますし、メラニンを発生させてシミやくすみの原因になるということが分かっています。

 

洗顔でターンオーバーを促す

ターンオーバーの周期は通常28日ですが、間違った洗顔法や加齢による肌の乾燥で遅れることがあります。

 

すると古い角質もメラニンも剥がれ落ちていきません。それはやがてシミが出来る原因になります。

 

美白化粧品を使っていればいつかシミが消えると思いがちですが、ターンオーバーを促して新しい肌細胞を作り常に潤いのある肌環境に整えておくことです。

 

ターンオーバーを促す

 

シミを消す洗顔石鹸の選び方

肌の乾燥や加齢による肌老化によって遅れるターンオーバーによってシミは出来やすくなります。

 

洗顔の際に古い角質を落としてあげないとシミが出来やすくなってしまうんですね。

 

洗顔石鹸はどんなものを選べば良いのかというと、濃密な泡が作れるものです。

 

シミ,洗顔,泡

 

この濃密泡をタオルのようなイメージでふんわり包み込むように洗うだけで、シミが出来にくい ぷるんと潤いを保った肌に変わっていきます。

 

この泡を作るのが面倒だったりするのですが、今は洗顔ネットやスポンジで石鹸を乗せるだけで簡単に出来ますし、ツノのある泡を作るのが楽しくなってきます。

 

美白化粧品のトライアルセットは洗顔から使えるシリーズもあります。

 

今お使いの洗顔料とどう違うのか使い比べてみるのも良いかもしれません。

 

昔と比べると洗顔料も作る技術が進化して良いものが多くなっています。

 

洗顔するだけで角質まで落としてくれるものや、肌のくすみを解消して明るい肌にしてくれるものなど様々です。

 

洗顔石鹸にもシミを消す成分が配合されているものもありますので、基礎化粧品を美白シリーズに変えるときに洗顔料もシミを消す働きのあるものに変えていくのも良いかもしれません。

 

洗顔石鹸の成分は肌に浸透する?

洗顔石鹸には美白成分や美容成分配合のものがあります。

 

肌のくすみの原因となるたんぱく質を除去する成分や、ハイドロキノンなど美白成分配合のものも考えられます。

 

洗顔後に洗い流してしまうため、洗顔石鹸に含まれる美白成分や美容成分はどのくらい肌に残るのでしょうか?

 

洗顔によって肌表面の角質や汚れが落ちるため、洗顔料に含まれる浸透型コラーゲンやヒアルロン酸がしっかりと肌を保湿してくれます。

シミを消す為の潤いを守る洗顔法

洗顔後に肌のツッパリを感じた経験は誰にでもあると思います。

 

これは脱脂力や洗浄力の高い洗顔料を使用しているから。

 

シミが出来る年齢になったら、皮脂汚れや角質などは落として肌の潤いをキープできる洗顔で肌環境を整えていきます。

 

  • ぬるま湯を使う
  • ゴシゴシ擦らない
  • タオルドライの際も擦らない
  • 肌の状態に合わせた洗顔料選び
  • 洗顔後は保湿をしっかり行う

 

シミを消して作らない美肌のコツは、洗顔と保湿です。

 

次のステップはシミを消す化粧水の選び方