お手入れをしているのにシミが増え続けるのはストレスが原因かも?

年齢を重ねるとお肌の機能が低下してシワやたるみなど気になる悩みが増えてしまうのですが、肌内部のシミ予備軍も肌老化で表面化しやすくなるそうです。

 

いわゆる老人性色素班という肌老化によるシミなのですが、これまでに浴びてきた紫外線ダメージの蓄積によって、メラニンが沈着してしまうためだと言われています。

 

なので紫外線対策は万全という方も多いと思います。

 

私も日焼けしたくない、焼かないために飲むUVケアなども取り入れながら紫外線対策をしていますが、実はシミの原因となるメラニンの増殖はストレスが多い人程増える傾向があるそうです。

 

ストレス,シミ,サエル

 

ストレスがメラニンの生成を促す?とはどういう事なのでしょうか。そこでストレスで増えるシミについて調べてみました。

 

シミとストレスの関係性

「ストレスは万病のもと」と言われている様に、体だけでなくお肌にも影響が出やすいそうです。

 

例えばこんな経験はありませんか?仕事でストレスが溜まっている時や、明日大事な用事があるという時に限って大きくて芯があるニキビができてしまう。

 

私はそんな経験が多く、出来て欲しくない時に出来るニキビを隠すためにメイクに苦労したのを覚えています。

 

実はシミもストレスが溜まれば溜まるほど、あるものが肌内部で増えてしまうため出来やすくなるそうです。

 

あるものというのは「活性酸素」です。

 

ストレスを感じると活性酸素が発生して、肌内部で炎症が起こるためメラニンが過剰に生成されてしまうそうです。

 

メラニンが出来るのは紫外線から肌を守る事だけだと思っていましたが、ストレスが原因で出来るシミがあることに納得がいきました。

 

メラニンが過剰に生成されると酸化が始まってメラニンが黒化してシミとなるそうです。

 

メラニンが作られるのは紫外線の影響だから日焼け対策だけをしておけば安心だと思っていましたが、日ごろのストレスケアもシミの予防になりそうです。

 

シミを作らないためのストレス発散法

仕事のストレス、家庭でのストレス、人間関係でのストレスなど現代人の生活にはストレスを感じる出来事が沢山あります。

 

日々何かしらのストレスを感じながら生活しているため、上手くストレスを発散している方もおられるかもしれません。

 

私も極度のストレスを感じた時は、食べたいものを食べる、外出する、映画を見る、運動するなどその時々でピンときた方法で発散しています。

 

ストレス,シミ,サエル

 

ストレスをどう処理していいのか解らずに、我慢していた時期もありましたが体にアレルギー反応が出てしまいました。

 

なのでストレスを甘く見ずに、早めに発散するように心がけていますよ。

 

人と合わないとか、旅に出るなど非日常的なことをするのも良さそうです。

 

自分の好きなことをすると気持ちも落ち着いて、リラックス効果も得られますよ。

 

シミとストレスに着目した美白化粧品

長年の研究によってシミがストレスによって出来やすい、という視点に着目して開発されたと言われている美白化粧品があるそうです。

 

ストレス,シミ,サエル

 

その化粧品というのが → こちら

 

ストレスによるダメージを回復させるオリジナルの成分が配合された美白化粧品なんだそうです。

 

ストレスを感じると活性酸素が発生して肌の内側では炎症が起きてしまうそうです。すると肌を守る為に過剰にメラニンが生成されるのですが、ターンオーバーが正常な場合は沈着せずに排出されるため、シミにはなりにくいと言われています。

 

年齢を重ねるとターンオーバー周期が遅れがちになる為、メラニンの排出が上手くいかずにシミが出来てしまう場合があるため美白化粧品を使いながらストレスを上手に発散していくとストレスジミの予防に繋がります。

 

実際に私がストレスに着目した美白化粧品を使った口コミはこちらで書いています