手の甲のシミで本当の年齢が分かる

手の甲に出来たシミは、顔のシミよりも年齢を感じませんか?

 

綺麗にメイクをしている方がいたのでじっくり観察をしてみたら、若くも見えるのですが手を見るとやはりそれなりの年齢だと想像されてしまうこともあります。

 

目立つ顔のシミは、コンシーラーやファンデーションで隠しても手の甲のシミまで隠すことはあまりないですよね。

 

なのでその方も顔は若いけど手を見るとそれなりの年齢なんだろうなと分かってしまうこともあるんです。

 

女性同士なら見ていない様で肌やメイクの状態を一瞬でチェックしている事もしばしば。

 

どんなに綺麗な顔だとしても年齢が解ってしまう手の甲のシミのお手入れ法をまとめました。

 

手の甲,シミ,消したい

 

手の甲のシミが出来る原因

手の甲に出来るシミの多くは、顔のシミと同じように紫外線が原因です。

 

紫外線を浴びるとメラニンが肌を守るために生成され、やがてシミとなってしまいます。

 

手の甲は1年中露出している部分なのですが、紫外線が弱くなる冬場などには日焼け止めも塗らずに外出していることもあると思います。

 

また手は女性の方なら毎日の家事などで水仕事が多く冬場は乾燥に悩む方も多くいます。

 

顔のシミも同様に手の甲のシミも乾燥すると手荒れやシミの原因になってしまうので保湿を心掛けてくださいね。

 

手の甲のシミを消すお手入れ法

通常なら手の甲にシミが出来ていてもおかしくない年齢なのに綺麗な手をキープしているハンドモデルのお手入れ法をまとめました。

洗い物をする際は、ゴム手袋をして行うというのは有名ですが一工夫すると更にしっとりとします。

 

先ずおありーぶオイルを手に馴染ませてから使い捨てのビニール出袋をはめ、その上からゴム手袋をはめます。

 

こうすることで手袋の中がお湯の温度で蒸されてオリーブオイルが肌になじみやすくなります。

 

少し面倒ですが、手が潤うので冬場のカサカサに悩む方にもおすすめです。

 

夜の就寝前には、ハンドクリームをたっぷりと塗ってお休み用の手袋をはめて寝てみて下さい。

 

翌朝の手のしっとり感に病みつきになるかもしれません。

 

手の甲,シミ,お手入れ

 

手の甲のシミ予防は紫外線対策から

顔の保湿は入念に行えても手のケアはあまり力を入れていないという方も多いので、シミに悩む前に手の甲のシミ対策を始めて見ませんか?

 

また紫外線対策グッズは毎年新商品も出るのでチェックするのも面白いです。

 

最近では手の甲まですっぽり隠れる日よけ用の腕からカバーできる手袋が春先になるとお店に並ぶので1組は持っている方も多いのではないでしょうか?

 

私も3種類ほど買いそろえています。

 

その時の服装に合うものを選べば帽子や腕手袋をしても見苦しい印象にはならないです。

 

なによりシミのことを考えると格好なんて気にならない方もいると思いますが長く続けるなら他人からの見た目も安心感がほしいです。

 

帽子に首にまくストールに腕カバー手袋にサングラス・・・(紫外線対策としては万全ではあるのですが見た目はもう誰なのか解りません。)

 

見た目にもお洒落で楽しめる紫外線対策は飽きが来ないので楽しみながら行えます。

 

手の甲,シミ,消したい