話題のトラネキサム酸の効果

顔に出来たシミを解消するために開発されている一つがトラネキサム酸です。

 

最近CMでも話題になっている美白化粧品に配合されている美白成分トラネキサム酸について調べてみました。

 

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸はシミや肝斑を解消する美白成分として知名度もあり、化粧品や飲み薬などに配合されています。

 

もともと医療の現場では止血薬として使われている成分ですがシミの原因となるメラニン生成を抑制する働きがあることが発見されシミの中でも特に肝斑の解消に使用されるようになった成分です。

 

トラネキサム酸はタンパク質を合成する必須アミノ酸を元に合成されたアミン酸のひとつで厚生労働省に認可されている美白成分です。

 

 

トラネキサム酸のシミへの働き

シミの原因となるメラニンはメラノサイトが活性化されることで生成されます。

 

そのメラノサイトの活性化を促してしまうプラスミンの働きを抑えることから、トラネキサム酸は抗プラスミンの働きをするシミや肝斑の解消に役立つ成分です。

 

トラネキサム酸はシミならどんなシミにも働きかける成分というわけではなく30代以上の女性に多い肝斑の解消に働きかけます。

 

トランシーノの錠剤や化粧品はCMでもお馴染みですね。

 

肝斑は妊娠や出産を経て女性ホルモンのバランスの変化が起こることで出来てしまうシミの一種です。

 

逆に言えばトラネキサム酸は肝斑以外のシミにはあまり影響力がないと言われている成分とのことです。

 

もしもシミがなかなか消えない場合は肝斑かもしれない、と疑ってみるのも大事かもしれません。

 

こちらもご参考ください。
シミが消えない場合の注意点

 

トラネキサムサンの副作用

薬や化粧品に配合されているトラネキサム酸の副作用はあるのか、とても重要なところですよね。

 

肝斑を解消する抗プラスミン作用を持つトラネキサム酸は医療では止血剤として使われているそうです。

 

血栓が出来ているかたは使用をさけたほうが良い成分ですが、それは病院などで処方される飲み薬のことです。

 

病院などではしっかり持病や過去の病歴などを伝えてあれば、医師からきちんとアドバイスがありますのでトラネキサム酸の内服薬を出されることは無いと思います。

 

飲み薬としても長期服用した場合の副作用が報告されているとのことですので、きちんと医師から説明を受けながら正しく飲めば問題ないようです。

 

化粧品としてのトラネキサム酸の副作用

最近は化粧品として肌の外部からトラネキサム酸を浸透させるものが増えていますが、シミや肝斑へ使うのであれば化粧品をパッチテストを兼ねながら使ってみるのが良いかもしれません。

 

現在外服薬として使用してから副作用があったとの話は出ていないようですし、しっかり化粧品の注意項目などを見ておくようにすれば大きな心配をする必要もないと思います。

 

ただしシミよりも肝斑への効果が期待が大きいようですので、ご自分のシミの状態をチェックしながら効果を判断してみることは大事だと思います。

 

個人的にはシミを消す成分選びも重要ですが、肌に合った化粧品を選ぶことが第一に大事だと考えています。

 

トラネキサム酸についてもっと知るならこちら