シミを消す成分として最近注目の2大美白成分について

ホワイトトラネキサム酸とは

ホワイトトラネキサム酸は、肌ラボ化粧品で有名なロート製薬が最新の美白研究によって開発した、抗炎症作用もある美白成分です。

 

これは一般的なトラネキサム酸と同じ美白成分です。

 

ホワイトトラネキサム酸,アルブチン

 

そのホワイトトラネキサム酸が配合されているのは肌ラボシリーズの中の「白潤」プレミアム。

 

紫外線によるシミやそばかすを内側から美白し、抗炎症作用によって日焼けによる炎症を鎮静化する働きがある化粧水です。

紫外線を受けてから作用するまで

紫外線を浴びると肌細胞を守るために肌の角質層内部のメラノサイトにメラニンの生成を促す指令がでます。

 

メラニンは紫外線ダメージから肌を守る役割がある一方で、役割を終えるとシミの原因になってしまう可能性があります。

 

そのためメラニンの生成を抑制する働きのある、美白成分が配合された美白化粧品が多く開発されているんですね。

 

ホワイトトラネキサム酸の副作用について

シミの治療で皮膚科に行くと、飲み薬のトラネキサム酸と処方されるケースが多いのですが飲み薬の場合ですと心配されるのは副作用です。

 

必ずしも副作用が起こるわけではないのですが飲み薬よりも化粧品に配合されているトラネキサム酸を肌から取り入れる方が、副作用の心配がなく安心して使えます。

 

トラネキサム酸は元々止血剤として医療で使用されていた成分なのですが、メラニンの生成を抑制する働きがあることが発見されて以来、美白成分として化粧品にも配合されるようになりました。

 

トラネキサム酸,美白成分

 

アルブチンとは

同じようにアルブチンもメラニンの生成を抑制する働きがある美白成分で、コケモモやウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体です。

 

シミの消しゴムと言われているメラニン色素を薄くする働きのあるハイドロキノンとブドウ糖が結びついたもので、美白成分として多くの化粧品に使われています。

 

厚生労働省にも認可されている美白成分でメラニンの生成を抑制し、シミを薄くするハイドロキノンの働きでシミに働きかけます。

 

どちらもシミを消すための肌作りのために一度試して見る価値はありますね。

 

ホワイトトラネキサム酸とアルブチン配合の化粧品はこちらで紹介中です。