ヒアルロン酸を増やすとシミは薄くなる?ヒアルロン酸のシミを消す効果についてまとめました。

秋冬になると肌が乾燥してしまうという女性は多いと思います。年齢肌による肌の乾燥はもちろんですが、気温の低下は湿度も低くしてしまうため、肌内部に水分を蓄える働きが弱くなって蒸発しやすくなるため乾燥しやすくなるからなんだそうです。

 

シミが出来る原因として大きな影響を受けている紫外線によるメラニンの蓄積ですが、実は肌の乾燥もシミの出来やすい状態を招いている可能性があると言われています。肌が乾燥するとバリア機能が弱くなるので、外的刺激にも弱くなり紫外線ダメージを通常よりも受けやすくなってしまうのだとか。

 

ヒアルロン酸,増える,シミ消える,効果

 

またバリア機能が弱くなると肌への刺激によってもメラニンが生成される場合があるため、シミへのリスクが高くなると言えます。

 

そこで乾燥対策として肌の水分量を高めるためのお手入れについて見ていきたいと思います。

 

ヒアルロン酸が増えると肌が潤う理由

肌に潤いを与える成分として知られるコラーゲンは、年齢を重ねると減少すると言われています。私も30代半ば以降はこれまでに感じなかった肌の乾燥にかなり悩みました。

 

いつものお手入れでは乾いてしまうため、敏感肌用の高保湿化粧品や美容液、日中使える保湿ミストなどで対策をしていましたが肌質の改善にはつながらず、水を飲んでみたりコラーゲンドリンクを飲んで肌質を改善する方法も行いました。

 

コラーゲンはもともと体内に存在する成分でエラスチンを支えて肌に弾力やハリをもたらしているので、コラーゲンが減ると肌のハリが無くなってシワも出来やすくなってしまうそうです。シミもシワも肌の乾燥によるトラブルとして早く改善したい悩みです。

 

ヒアルロン酸,増える,シミ消える,効果

 

ヒアルロン酸は保水力がずば抜けていて少量でもかなりの水分を蓄える働きがあるのだそうです。コラーゲンと同じように肌の潤いを保つために欠かせない成分で、コラーゲンとエラスチンを包み込んで肌全体を潤しているイメージを想像すると解りやすいかもしれません。

 

なのでヒアルロン酸配合の化粧品やサプリメントは種類も豊富なのですが、気をつけたいのはきちんとヒアルロン酸が必要とする部分に届いているどうかです。コラーゲンもヒアルロン酸もそのまま摂っても吸収されにくいからです。

 

コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されてしまい、ヒアルロン酸は腸内で吸収される過程で分解されてしまうと言われています。吸収されやすくするために低分子化されたコラーゲンやヒアルロン酸もありますが、化粧品から取り込むのはなかなか難しいようです。

 

ヒアルロン酸を増やすとシミは薄くなる

肌が乾燥するとバリア機能が弱くなってターンオーバーも遅れてしまうため、メラニンの排出が上手くいかずに蓄積されてしまいやがてシミが出来てしまうと言われています。30代を過ぎてシミが気になり始める女性が多いのは、老化による乾燥と季節の乾燥が重なりより乾きやすくなるからだとも言われています。

 

ヒアルロン酸,増える,シミ消える,効果

 

肌の潤いを取り戻せばシミは薄くなるのか?というと、潤いが戻るだけではシミは薄くならない可能性があります。出来てしまったシミはメラニンが黒化しているため、無色化する働きのあるハイドロキノン化粧品でのお手入れもおすすめだと言われています。

 

ハイドロキノン化粧品はTOPページでいくつか紹介しています。

 

ヒアルロン酸が増えて肌が潤うようになると、化粧のノリが良くなったり肌のハリが戻ったり、シミやシワが目立ちにくくなるなどの変化を感じやすいようです。これはヒアルロン酸を増やす働きのあるサプリメントを実際に飲んでいる方が感じている変化なんだそうです。

 

シミ自体が薄くなるにはターンオーバーが促進されメラニンの蓄積が減ること、シミの予防につながるそうです。ヒアルロン酸が増えるサプリメントの詳細は別ページでまとめたいと思います。