自然派化粧品の草花木果「美白日中用美容液」の特徴と効果的な使い方について

増えるシミの対策として美白化粧品でのお手入れは欠かせませんが、若い頃から始めたいのは1年を通した紫外線対策です。

 

最近の化粧下地やファンデーションにはUVカット機能が付いているものが多いのですが、メイクをする前にうっかり日焼けをしてしまう事も。

 

洗顔後化粧水や乳液を塗っただけの状態で洗濯物を干してしまったり、子供の面倒を見ていたら日焼け止めを塗るのを忘れてしまった・・・なんてこともあると思います。

 

なので私が行っているうっかり日焼けの予防法は、時短できる紫外線対策です。

 

草花木果,美白日中用美容液,シミ,下地

 

簡単で時短出来る紫外線対策

  • ファンデーションより簡単に塗れる
  • 肌への負担が少ない
  • 外出しても紫外線から肌を守れる

 

何度もうっかり日焼けをしてしまい後悔した経験もあるので、朝の洗顔後は基礎化粧品で肌を整えたら、勢いで美白日中用美容液を塗ります。

 

美白日中用美容液がそのまま化粧下地としても使えるので、忙しい朝は本格的なメイク下地が使えなくても美容液の上から固形のファンデーションを塗るだけで仕上げる事もあります。

 

しっかり化粧下地から作りこむメイクをする時と日常使い用とで、美容液や下地を使い分けると時短にもなるので便利ですし、日焼け対策にもなって安心感もあります。

 

私が日常使いしてみた草花木果の「美白日中用美容液」について特徴などをまとめました。

 

草花木果 美白日中用美容液の特徴とは?

草花木果は天然の植物の力に着目し、厳選したデリケートな成分を高度な技術で化粧品化したブランドだそうです。

 

草花木果,美白日中用美容液,シミ,下地

 

香りが良いのも特徴のひとつで天然アロマのパワーをそのまま化粧品に取り入れるために、100%天然のエッセンシャルオイルを使用しているそうです。中でもゆずの香りは草花木果の中でも人気があるそうですよ。

 

また肌への優しさを考えてパラベンは不使用で最小限の防腐成分を配合したり、デリケートな天然の原料をそのまま届けるために製造工程にもこだわりがあると言われています。

 

美白日中用美容液とは

医薬部外品の美白日中用美容液で、肌への負担となる紫外線吸収剤は不使用のノンケミカル処方の美容液です。

 

肌がデリケートな方でも使える日焼け止めは白浮きしやすいと言われていますが、製造工程にこだわり白浮きしない処方になっているそうです。

 

美白成分ビタミンC配合で、メラニンの生成を抑制し、緑茶や枇杷の葉エキスなどで紫外線による肌ダメージで乾燥しやすい肌も保湿する働きがあるそうです。

 

  • パラベン
  • 鉱物油
  • タール系色素
  • 合成香料

これらは不使用で実際に愛用している方の中には、日焼け止め独特の香りが苦手という方もリピートしているそうです。

 

私も日常用として朝の家事を行う前にさっと顔に伸ばしていますが、塗っているだけで紫外線対策が出来ているという安心感があります。

 

しっかりメイクをしたい時は、美白日中用美容液の上から化粧下地も塗れるところがまた便利な点かもしれません。

 

付け心地は軽めで、私も日焼け止めの香りが苦手なので天然香料の香りには癒されています。

 

伸びも良いので適量の範囲で使える点もコスパが良いと思います。

 

草花木果には基礎化粧品シリーズが幾つかあるのですが、美白日中美容液と併せて使うと相乗効果が高まりやすいと言われているのは透肌シリーズです。肌を整えてくれるシリーズだそうです。

 

シミを消したいトップへ戻る