目の下のクマを消したい!シミを消す美白成分ハイドロキノンでクマは消える?

シミを漂白すると言われている美白成分ハイドロキノンは目の下のクマにも効果があるのでしょうか?

 

ハイドロキノンは2001年の薬事法改正によって化粧品への配合が認められるようになったと言われています。美容大国アメリカでは美白成分として一般的に使われている成分のようですが成分に不安定さがあり、日本では2001年以前は医師の処方箋が必要だったそうです。

 

そんなハイドロキノンは濃度に気を付けないと肌に刺激を与える成分になってしまうそうとも言われていますので、ここでは私自身も実際に使ってみたハイドロキノン化粧品も併せて紹介したいと思います。

 

目の下のクマ,ハイドロキノン,美白化粧品

 

目の下のクマは色の違いで原因が違う

目の下のクマの色を見てみると、黒っぽいクマと青っぽいクマ、茶色っぽいクマの3種類に分類されるんだそうです。

 

そして色の違いは原因にも違いがあるそうで

 

  • 黒っぽいクマの原因: 目の下のたるみや乾燥などによる目の↓のハリ不足が原因
  • 青っぽいクマの原因: 目の下の薄い皮膚の下にある毛細血管が透けて見える事が原因、冷えや血行不良、生まれつきの場合もある
  • 茶色っぽいクマの原因: 色素沈着が原因

 

この中で茶色っぽいクマに関して、美白成分ハイドロキノンは色素沈着を改善する働きがあると言われているそうです。メラニンの沈着が色素沈着を起こすため、ハイドロキノンのメラニン自体を作らせない働きと無色化する働きが茶クマの改善に役立つのだとか。

 

でもここで注意したいのは、目の下の皮膚は顔の他の部分に比べとても薄いという事です。市販のハイドロキノンクリームの中には濃度の濃いものもあるため肌への刺激になりにくいと言われているものを紹介したいと思います。

 

目の下のクマのお手入れにはハイドロキノン配合美白化粧品

目の周りのお手入れには専用のアイクリームもありますが、顔全体のケアが出来る美白化粧品を使うこともできます。

 

私が実際に使用したのはハイドロキノンが配合されているアンプルールとビーグレン化粧品です。アンプルールは皮膚の専門家が開発した化粧品で、ビーグレンはアメリカの医学博士が開発に携わったアメリカ生まれの化粧品です。

 

目の下のクマ,ハイドロキノン,美白化粧品

 

アンプルールの特徴や感想について

 

ビーグレンの特徴や感想について

 

どちらも安定型ハイドロキノンが配合され、敏感肌にも使えるほど肌への刺激は少ないと言われているため私も試しましたが、どちらも顔全体はもちろん気になる目の下への刺激も感じませんでした。

 

1ヶ月ほどライン使いを試しましたが、目の下のクマが劇的に改善されるという効果は感じませんでしたが、顔全体の印象は1週間程度使っただけでも、周りから「明るくなった!」と言われるほどの変化はあったようです。

 

目の下の茶色っぽいクマの正体、メラニンの沈着が改善されるまでにはターンオーバーが行われ、メラニンが排出されることとも必要なので美白化粧品でのお手入れに合わせて、体の巡りを良くしてターンオーバーを促すインナーケアにはこちらもあります。

 

シミを改善するインナーケア