肌に染み付いたシミは少しずつでも薄く出来る

本来ならシミが出来ないようにする予防が大事なんですが、それでも出来てしまうから悩みになることも多いです。

 

もし出来てしまったシミでも時間はかかりますが薄くしていき、最終的に消えるまで諦めないことが大事です。

 

もう一つ大事なこと

それは新しいシミが増えないようUVケアも怠らないことです。あまり過剰にやると街を歩いても浮いてしまったりしますので、可能な限りでUVケアを意識してみてください。

UVケアで抑えておくポイント

UVケアとは紫外線から肌を守ること。紫外線は4月から日差しが強くなります。曇りや雨の日でも実は紫外線はあります。むしろ曇りの日のほうが紫外線が多いのだとか。

日傘の理想的なもの


UVカットのものというよりは色を気にして見ることが大事です。外側は白で内側は黒のもの。白は光を跳ね返します。黒は光を吸収します。これを利用してみましょう。

UVカットサングラスを選ぶ


目から入る紫外線はシミに大きく関係します。サングラスはUVカットのものだけでも安いものから高いものまであります。UVのカット率の高いものも大事ですが、安いものはレンズが湾曲していたりします。

 

レンズの色については実は明るいレンズを選ぶほうが紫外線から目を保護できます。それは暗いと瞳孔が開いてしまうから。瞳孔が大きい状態だと完全カット出来ない紫外線を取り入れやすいんです。明るいほうが瞳孔を狭くするので防ぐことができます。

体を冷やさない


シミの予防と何の関係があるの?と思われたと思いますが、健康的にも体を冷やさないことは大事です。そして肌にとっても体温が低いと代謝が低いんです。シミを薄くする秘訣は新陳代謝によってシミの元となるメラニンを押し出すことですから、常に代謝の高い状態に保つことは大事なんですよ。

潤いを多く与えておく


これも肌を守るためにはとても大事なことです。代謝も上がりますし潤った肌というのは紫外線を弾き返すと言われています。乾燥は肌の老化にもつながりますし大敵です。

生活リズムを整える


美容だけじゃなくて健康的な目線でも大事なことですが、不規則な生活は体を疲れさせます。肌にも大きなストレスになりますので一気に顔が疲れるのが分かると思います。

 

潤いを与える食事を定期定期に取り湯船に浸かる時間を作り、化粧水を付けて肌に染み込ませる休息の時間を作ってあげることは大事です。

 

ストレスを貯めこまないことも重要ですので、あまり悩むようならば楽しく実行できる方法を工夫しながら継続できるシミを消す習慣を見つけてみてください。

 

顔のシミを消したいトップへ戻る