妊娠中にシミが増えるのはなぜ?

妊娠すると初期の頃は、つわりや便秘、むくみなどの症状に悩まされる時期があります。

 

食べ物の匂いを嗅いだだけでも気分が悪くなるなど辛いものですね。

 

体に変化が起きている時期なのでお肌もその影響を受けています。

 

いつもは感じない肌の乾燥や肌荒れも起きやすいのでお肌の調子を見ながらお手入れをされてみてくださいね。

 

つわりなどと同様に起こる変化として肌のシミが増える傾向があるんです。

 

妊娠中はホルモンバランスに変化が起きるからと言われています。

 

シミ,妊娠中,ホルモンバランス

 

妊娠中にシミが増える理由

加齢によってシミが急に出来た、増えたと感じることもありますが実は妊娠中にもシミは出来やすくなるんです。

 

女性の体は、妊娠に向けて毎月ホルモンバランスの変化が起こりますが妊娠するとさらに劇的な変化が起こります。

 

2つの女性ホルモンが分娩するまで増え続けます。

エストロゲン

水分保持作用がありむくみやすくなる

プロゲステロン

体温を上昇させ胃や腸の働きが弱くなる

 

ホルモン値のへ変化によってむくみやすくなったり、便秘になったり、血圧の上昇や低下などめまぐるしい変化が体に起こります。

 

どうしてシミと関係があるのでしょうか?

 

実は、これらの女性ホルモンにはメラニンの生成を促す作用があるため妊娠中はシミが増えやすくなります。

 

増えてしまったシミ、消す事は出来るのでしょうか?

 

気になる妊娠中のシミ対策

 

メラニンが過剰に生成されてしまうので普段と同じお手入れをしていた場合、もしかしたらシミが増えてしまう可能性があります。

 

女性ホルモンは出産すると、妊娠前の状態に戻るためお手入れをしていればシミも次第に少なくなります。

 

妊娠中にシミ対策をあまり行わなかった場合は妊娠中に増えたシミがそのまま色素沈着してシミとして定着してしまう恐れもあります。

 

妊娠中は、増えたメラニンがシミとして定着してしまわない様に紫外線対策を行ってくださいね。

 

お腹の赤ちゃんへの影響も心配ですね?

 

なので安心して行える紫外線対策は、低刺激のUVケアと出来てしまったシミとこれから出来るシミの両方のケアが出来ることです。

 

体調の変化が起こりやすい時期ですので、普段なら合うものでも妊娠中は刺激になってしまうこともあるため心配な場合はかかりつけの医師に聞いてみると安心してお手入れできます。

 

シミとホルモンバランスに関する情報はこちらもご参考に

 

シミが消えない時の注意点