皮膚科で行うシミ消し治療法とは?

年齢を重ねると急に増えだす顔のシミにお悩みの場合、シミ取り化粧品で消せるのか?または、皮膚の専門医に見せた方が良いのか迷いますね。

 

怪我と違い時間が経てば消えるものではないので、増え続けるシミや肝斑、ニキビ跡などにお悩みなら一度皮膚科医を受診されるのも良いと思います。

 

おそらく、皮膚科では体の内側から美白を行うお薬が処方されることでしょう。

  • L-システイン
  • ビタミンE
  • ビタミンC誘導体
  • トランサミン

などで抗酸化作用によってシミのできにくい肌へと変化させていきます。

 

次いで、概要薬では次のような軟膏が処方される場合があります。

  • 漂白作用が高いハイドロキノン
  • メラニンの生成を抑制するトレチノイン

 

上記の様な内服薬と外用薬による治療法は根気がいる方法ですが、レーザー照射によるシミ消し治療は比較的短期間で完了します。

 

ただしレーザーを照射して軽いやけどの様な状態になるため赤くなったり、かさぶたが出来たりするのは避けられないようですね。

 

長期間のお休みを利用してレーザー治療を受けられる方もいらっしゃるようです。

 

皮膚科治療はやるべきシミ対策でしょうか?

すごくシミに悩んでコンプレックスになってしまっている方もおられますが、その多くは化粧をしても隠せないほど濃くなったシミの場合が多いです。

 

長年放置していたようなシミも消えにくいのでレーザー治療など皮膚科でシミを消すと比較的早くシミを薄くすることも可能だと思います。

 

ところがネックはお金の問題と時間と痛みです。

 

レーザーを当てることでシミを薄くすることを1日でも早めるか、痛みを我慢してまでやるべきなのか本人の気持ちによるところは出てきます。

 

あくまでも私の考えですが今はすごくシミに効果的な化粧品が販売されています。

 

どちらにせよ毎日スキンケアを行うのならば、シミを本格的に消すために特化した化粧品を使ってみて、3ヶ月でも効果がない場合皮膚科に行って見るようにする方がいいのではないかな、と思っています。

 

シミを消しゴムで消すように簡単には消せないかもしれませんが、肌の奥の真皮層までハイドロキノンを届けることが出来たら・・・今までシミが消えなかった人ほどこのアメリカからの最先端浸透技術で作られた化粧品などを試してみる価値はあると思ってます。

 

今までお使いの化粧品よりも良いものはきっとあるはずですし、今使うべき化粧品はシミを除去するための化粧品を選ぶべきなんじゃないかな、とも思ってます。

 

その後でレーザーを当てても損することはないのではないでしょうか?

 

レーザー治療についてはこちらを参考に