シミを消すハイドロキノンの美白力と副作用について

シミを消す美白成分ハイドロキノンは、既にできているシミを薄くする事ができる成分だと言われています。

 

様々な美白化粧品を使用してもシミが消える美白効果を実感できなかった場合は、お肌にこんな事が起こっている可能性が考えられます。

 

これから出来るシミを防ぐために

  • 紫外線をブロックする働き
  • メラニンの生成を抑制する働き

 

これらの働きだけでは今できているシミは薄くできないのです。シミに効果があると言われる美白化粧品には、これから出来るシミを予防するものと既に出来ているシミを薄くする働きのあるものがありますが、今できているシミを薄くするには、シミに働きかける成分「ハイドロキノン」が配合されていると効果的だと言われています。

 

シミを消す,ハイドロキ,ン,痛い,副作用

 

ハイドロキノンはどんな特徴がある美白成分?

ハイドロキノンはシミの漂白剤と言われるほど美白力が高いと言われていて、アルブチンなど他の美白成分に比べおよそ100倍の美白力があるそうです。シミの原因となるメラニンの生成に関わっているチロシナーゼの働きを抑制する特徴があるため、シミの予防にも効果的だと言われています。

 

そしてシミや炎症などによる色素沈着による肌の色を整える働きがあるため、出来ているシミを薄くする働きにも注目されている美白成分だそうです。

 

シミを消す,ハイドロキ,ン,痛い,副作用

 

シミを消すはずのハイドロキノンは評判がよくない?

今までハイドロキノンが配合された化粧品があまりなかったのは、成分が酸化しやすく高濃度で配合してしまうと肌への負担が大きいなどの理由がありました。

 

しかしその難点をカバーする技術を採用して作られたのがハイドロキノン配合の化粧品です。アメリカでは以前から美白と言えばハイドロキノンが使われるほど有名な美白成分として知られていましたが、日本でハイドロキノンが化粧品に配合されるようになったのは2000年以降に行われた薬事法の改正後なんだそうです。

 

今ではハイドロキノン配合化粧品やクリームなど、肌への安全性はメーカーにて多くのモニターさんによってパッチテストが行われており、安心して使えるものがたくさん販売されています。

 

ですがハイドロキノンが入っているからといってなんでも使ってみることはオススメしません。

 

ハイドロキノンを塗ると痛い?副作用はあるの?

強い成分ゆえに以前は医師の処方が必要だったハイドロキノンですが、化粧品に配合される濃度には規制があるため副作用が出る割合は少ないようです。でもまれに赤みが出たり、痛みやしみるなど肌に異常がおこる可能性も考えられます。

 

シミを消す,ハイドロキ,ン,痛い,副作用

 

そこで敏感肌〜普通肌の私も実際にハイドロキノン化粧品の中でも評価が高い美白化粧品を数種類使用してみましたが、赤みや痛みは感じられませんでした。

 

美白化粧品を選ぶ際は、実際にハイドロキノン化粧品を使っている方の声を聞き、効果が感じられるという根拠を口コミなどで確認したものを使ってみることがより一層安心感が高いと思います。

 

当サイトのトップページではハイドロキノン配合の化粧品の中でも安心して使うことが出来るもののみを厳選して紹介しています。

 

トップページの使って良かった美白化粧品を見てみる

 

私も実際に試して問題なかったものの中から、買ってよかったなと思える良い美白化粧品ばかりを使用しています。

 

ハイドロキノンは敏感肌にも使える?

敏感肌の私自身がハイドロキノン配合化粧品を使用して、肌への刺激や副作用などを感じたことはありません。

 

むしろ日に日に肌の明るさがアップすることを実感しています。敏感肌は常に肌の不調を感じやすいため美白が働きにくいとも言われていますが、

 

敏感肌に悩む方でも使えるハイドロキノンの特徴というのは

低濃度でありながら肌に浸透させる技術を用いている

という特徴があります。

 

その為ハイドロキノンの濃度が低くても敏感肌に使ってもシミもせず痛くもなく使うことが出来る上に、しっかりシミの除去につながっているのだと思っています。

 

シミを消すハイドロキノン含有の化粧品へ