シミは薬の効果がある?

美白化粧品でお手入れしているのに気になっているシミがなかなか消えない。

こんな悩みを抱えながらもいつかシミが消えるかもしれないと期待しながらお手入れしている方もいるのではないでしょうか?

 

長い年月をかけて出来てしまったシミは、シミに効く美白化粧品を使用しても直ぐに解消することは難しいかもしれません。

 

私も目の下や頬に大きなシミとこれからシミになるだろうなというシミ予備軍がポツポツ出来ていたので美白化粧品を使用していますが、薄くなってきたと感じたのは数か月後でした。

 

シミを消す,薬

 

20代の頃には目立たなかったシミがまばらに浮かんできた頃です。

 

シミが出来始める年齢に個人差はありますが、肌老化が始まることでシミが現れてしまう時期なんです。

 

少しづつ、体力や体の機能や働きも衰え始める時期なので若い頃は焼肉と言えば大喜びしていましたが、年齢を重ねると脂っこいものは少量で満足するようになるのも30代半ばくらいからが多いようです。

 

それと同じように、肌細胞の新陳代謝も周期が遅くなります。すると肌の奥のシミ予備軍がじわじわとシミとなって現れ始めます。

 

という事は、シミを消すには美白化粧品でのお手入れと同時に体の内側の衰えにも効くサプリや薬を摂ると相乗効果でシミは解消出来てこれから出来るシミは出来にくい肌環境になることが期待できます。

 

シミを消す薬とは?

シミを消す薬には医師の処方箋が必要なものもありますが、市販薬でも試せるものをまとめてみました。

  • ロスミンローヤル
  • キミエホワイト
  • トランシーノ
  • ハイチオールC

ロスミンローヤルは、シミやそばかすを薄くする働きがありますがシミが気になるお肌のもう一つの悩み「小じわ」も解消する働きがあります。

 

シミだけに働きかけるものは幾つかありますが、シミとシワに働きかけるものはロスミンローヤルだけです。

 

医薬品以外にもシミを消す美容成分が配合されているサプリメントは注目されています。

 

シミを消すサプリメントの選び方へ