シミを消す化粧品は成分とタイプで選べます

美白化粧品を使っているけどなかなかシミが消えない、化粧品がシミに対して働いているのか解らない、出来ているシミだけを消したいなどシミに対するお悩みは多いですね。

 

美白化粧品はそれなりにお値段もしますので使い続けるなら肌で実感できるものがいいですよね。

 

私は年々増え続けるシミを一つでも減らしたくてシミを消す化粧品を使い始めました。

 

シミを消す,化粧品

 

始めはその時使用していた基礎化粧品のメーカーの美白ラインを試しましたが満足しなかったため、その後自分の肌に合う美白化粧品を探しはじめました。

 

色々試して肌の色が変わった!明るくなった!と実感できたのは美白成分ハイドロキノン配合の化粧品でした。

 

ハイドロキノンはどんな成分?詳しくはこちらで詳しく書いています。
↓↓
シミを消すハイドロキノンとは

 

シミを消す化粧品の成分

シミを消すには、シミの原因になっているメラニンの働きを抑制する働きのある成分や出来ているシミを薄くする働きのある成分などが配合されている事が必要です。

 

具体的にどんな美白成分が使われているのでしょうか?

  • アルブチン
  • プラセンタ
  • ハイドロキノン
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

シミに働きかける成分は意外と多いですね。

 

その中でも私が肌で実感したハイドロキノンは、シミの消しゴムと言われているほど肌を白くする働きがある成分です。

 

今の肌の状態はどんな感じですか?

 

敏感肌や乾燥肌の場合は成分も重視したいポイントなのですが、肌への刺激がないものを選びたいですね。

 

またスキンケア化粧品をすべて美白ラインに変えたい、美容液だけ取り入れたいなどその時の状態で使う化粧品も変わってきます。

 

シミを消す化粧品選びに迷ったら?ハイドロキノン配合の美白化粧品がおすすめの理由

数ある美白成分の中からハイドロキノン配合の美白化粧品をおすすめする理由は、私が幾つかの美白化粧品を試した結果ハイドロキノン配合化粧品が一番効果を感じたからです。

 

ハイドロキノンは今でこそ様々な化粧品に使われている美白成分として知られるようになりましたが、2001年の薬事法が改正される以前は医師の処方がなければ使う事が出来ない美白成分だったそうです。

 

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンを還元する働きに優れていると言われ、出来たしまったシミを薄くしてこれからできるシミを予防する働きがあることから、美容大国アメリカでは医療や美容の現場でもハイドロキノンが使われていましたが、日本でもようやく化粧品の成分として使う事が出来る様になったそうです。

 

そんなハイドロキノンを最初に化粧品に配合したのは皮膚の専門家が開発した、数個のシミから顔に点在しているシミと肌全体のくすみまでを改善する働きのある美白化粧品シリーズだと言われています。
シミ,消す,化粧品,ハイドロキノン

 

効果がありそうだけど成分が肌への刺激にならない?シリーズで買って万が一肌に合わなかったら勿体ない・・・など興味はあるけれど新しい化粧品を使い始めるのってなかなか勇気がいりますよね。実際に私も使い始めるまでに相当悩みましたし、コスパを考えた時に今後も使い続けられるのか?などの悩みもありましたから。

 

でも美白シリーズを全て試せる送料無料のお試しセットがあることを知り、何もしないでシミが増えるよりは新しい美白ケアにチャレンジしてみようという気持ちで使い始めました。

 

 

 

私は顔全体とスポッツタイプの両方が試せる美白トライアルキットを試しましたが、最初は美容液だけ使ってみたいなど化粧品のタイプ別にも美白ケアを始めることは可能です。

 

シミを消す化粧品のタイプ

シミを消す化粧品には洗顔から最後に付けるクリームに至るまで、すべてをシリーズで使うものとシミが出来ている部分にだけ主に夜使用するタイプのものがあります。

 

顔のシミが数個しかないという場合は、スポッツタイプのものでも十分かもしれません。

 

年齢を重ねていくと肌全体のくすみも気になりませんか?

 

肌のくすみや顔の全体に散在しているシミを消したい場合は、美白化粧品をライン使いした方がよりシミへの働きが早く実感できることが多いです。
シミを消したい,ライン使い,美白化粧品>
私もライン使いするようになってから美白化粧品が手放せなくなりました。

 

シミを消す基礎化粧品は選び方によって大きく肌が変わります。

 

シミを消す基礎化粧品選びの参考に、洗顔石鹸からチェックをしてみてください。

 

最初のステップはシミを消す洗顔石鹸の選び方